このごろの 写真家 中島宏章がわかります。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 雪が・・・ | main | ツクシ >>
カタクリの紫外線写真
 カタクリといえば花の中心付近の模様が何とも美しい。そして、美しいだけではなく、これが所謂「蜜標」の役目を果たしていると言われている。昆虫はこれを目印にカタクリへ飛来するのだとされる。


左が人間の見た目、右が紫外線写真。

 紫外線で撮ってみると、中心部の模様は全く無くなった。それどころか花の全体で紫外線は吸収された。人間の見た目では真っ白に見える雄しべ・雌しべの柄も同様である。唯一、花の中心(雄しべ・雌しべの付け根)が紫外線を反射しているようだった。花が紫色だから紫外線も反射しているのだろうと思ったが、違った。これはスミレなども同様で、花は紫色だが意外と紫外線反射は少ない。
COMMENT









Trackback URL
http://thesedays.hirofoto.com/trackback/1179549
TRACKBACK