このごろの 写真家 中島宏章がわかります。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 北海道の野鳥 (フィールドウォッチングガイド)の紹介 | main | 残りわずか >>
ナニワズの紫外線写真
 春に黄色い花を咲かせる木本。
 ナニワズの紫外線写真を撮った。


左が人間の見た目、右が紫外線写真。

 紫外線は花全体で吸収された。特にネクターガイドのような紋様は出なかった。が、多くの場合、こうなるのだ。チョコマカと色んな花を撮っているうちに、果たして昆虫たちはどれほど”蜜標”なるものを頼りに花を探しているのか疑問に思えてきた。
 これは恐らく(僕たち人間もそうであるように)昆虫たちは”花”を認識するのに様々な感覚を駆使しているという事だろうと思う。視覚だけに頼っているのでは無いという事だ。人間は視覚に多くを頼っているので、他の動物たちも”きっとそうに違いない”と心の奥底で思っているのかもしれない。そして、どこかで自分たちは他の動物よりも”優れている”と思っているのかもしれない。

COMMENT









Trackback URL
http://thesedays.hirofoto.com/trackback/1206891
TRACKBACK