このごろの 写真家 中島宏章がわかります。
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< コウモリのアゴの下が気になる | main | めり込む >>
母馬の瞳は
 道東の愛すべき街、標津町の某スナックに訪れた際(僕は下戸だが)、そこのママがとある僕の写真をいたく気に入ってくれた。 

 とある写真とは、これで↓

 

 これは、標津町のとある場所で出会った母馬の写真である(当ブログの標津町シリーズ「壁の向こう側」の中の1枚である)。

 今日はこの写真をプリントし、額に入れてみた。
 このお母さん馬の優しい瞳。ドキッとするほど美しいんだよなあ。ただただ優しいだけではなく、厳しさを持った愛情があるから、なんでしょうなあ。
  
 ママ、今度標津行く時に写真を持って行きますよ。
 標津のみんなは「ナカジが持ってくるわけない」と思っているでしょうな。人を裏切るのが楽しくて仕方のない、はしたない僕です。

 
思っとるよ。うそつき。はしたない。
期待を裏切ることをめっさ期待しとるよ^^
m8 | 2009/09/06 11:21
期待を裏切ることを期待している期待を裏切らないよう頑張ります!
なかじ | 2009/09/07 00:39
COMMENT









Trackback URL
http://thesedays.hirofoto.com/trackback/1273501
TRACKBACK