このごろの 写真家 中島宏章がわかります。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ほんとうに気持ちいいキャンプ場100 新装版(by BE-PAL) | main | 手が似ている >>
地味に素敵な鳥
 今季はベニヒワがよく見られる冬です。
 ベニヒワは冬鳥として北方面から日本に渡ってきますが、年によって個体数に変動があるのです。
 ここ最近では2008-2009年の冬にたくさん渡ってきました。
 5年ぶりにたくさんのベニヒワが日本へやってきたということになります。
 
 ベニヒワはスズメやシジュウカラよりも小さくて(でも気は強い)、なんとも可愛らしい鳥です(でも意外と攻撃的)。
 遠目から見ると、まーー地味な鳥なんです。
 
 このように、なんとも地味です。

 群れで草の実なんかを食べていますが、
 実に地味!

 ところが、もっと近づいてアップで、
 そしてさらに雪の照り返しの中でマジマジと見てみますと、
 これがなんとも可愛らしくて美しいんです。

 やけに紅いオスのベニヒワ


 頭が誇らしげに紅く光る


 なんとも言えない静かな眼差しです。愛おしいです。


 というわけで、
 一見、地味だけど魅力的なベヒニワでした。
 
COMMENT









Trackback URL
http://thesedays.hirofoto.com/trackback/1417378
TRACKBACK