このごろの 写真家 中島宏章がわかります。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 正解を求めすぎる | main | アングリ >>
ねずみ(落語)
今年は雪が多いです!
せっかくなので、庭にカマクラ作りましょうー♪
子供たちと穴を掘り掘り。

だいぶん、掘り進めたところで−、なんか出てきた!


なんと、野ネズミの巣だなこりゃー!あちゃー。


とはいえ、巣には主はおらぬよう…よかったんだか、残念なんだか…
もともとネズミの住処だったということで、僕はこのカマクラを「ネズミ屋」と命名!!

掘り出したネズミの巣をカマクラのオブジェにし、そそくさと家に入り、小麦粉粘土を作る。
木彫り(バードカービングならぬマウスカービング?)は出来ないけれど、粘土なら作れるかもー?とチャレンジしました。
そう、ネズミです。

たらいに入れておけば、そのうち動き出すかな?魂こめて作ったぞー、とは決して言えないくらいユルーい感じで作ったのでした。

外に出しといたら、カラスに食われないかな、小麦粉粘土ネズミ…見張ってもないとですね(^-^)

長女にカマクラの名前はネズミ屋にしよー、と言ったら、そんなの嫌だー名前は動物屋敷がいいー。だって!
COMMENT









Trackback URL
http://thesedays.hirofoto.com/trackback/1417395
TRACKBACK