このごろの 写真家 中島宏章がわかります。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< たからもの | main | ぼくは異常者なんです >>
鳥は車の中を見通せるのか?
 窓を開けずに野鳥を撮影している時は警戒されないのに、窓を開けた瞬間に鳥さんに飛び立たれる
 という経験は野鳥マニアの方たちなら幾度となくおありでしょう。
 
 鳥は窓を認識している。透明なのに、明らかにガラスがあることを認識している。
 でも、それなのに、建物のガラスに衝突しちゃて、それで命を落とすものも多い。
 わからない。鳥たちがわからない。なぜなんだろう。
 
 この謎に思いをはせる時に、少しは役に立てるかもしれない、そんな、紫外線写真を載せますね。
 ちなみに、前提として、野鳥たちは紫外線が良く見えていて、紫外線を1つの「色」として認識しているということ。
 紫外線の反射があるということは、鳥たちには何かしらの色が付いている物だということです。
 その色は、赤でもない青でもない黄色でも緑でもない、とにかく、僕らが計り知ること出来ない、そんな未知なる色ということ。
 では、、、以下に
 
 車の中から望遠レンズを構える。
 ガラスはもちろん透明だから、開けていても閉じていても、極端には違わない、
 人の目で見た場合は。。。

 
 下はどちらも紫外線写真。
 どうやら、ガラスというのは紫外線を吸収&反射し、
 結果、透明ではなくて黒っぽいスモークガラスのようになり、さらに周りの景色を鮮明に反射しちゃっているようですね。
 
 



よろしければ、以下、写真展の情報です。よろしくお願いします。
-------------------------------------------------------------------------------------
 
中島宏章 写真展 
 「紫外線写真−動物たちの気持ちが知りたい−」
  期間:2015年12月1日〜12月30日
  場所:ジュンク堂書店 池袋本店 7F理工書フロア壁面

      東京都豊島区南池袋2-15-5(JR池袋駅 東口より徒歩5分)
     営業時間:月〜土10:00-23:00(日・祝10:00-22:00)

  紫外線は人間には見えませんが、昆虫や鳥類、爬虫類、両生類、魚類など多くの動物たちが見えています。
  紫外線が見えている世界とは、どういう世界なのでしょう?
  もしかしたら、紫外線の世界を垣間見ることで、動物たちの気持ちが少しでも理解できるかもしれない!
  コウモリ撮影などの活動の傍ら少しずつ撮りためてきた紫外線写真を今回発表したいと思います。
  ほぼ全て未発表の写真ばかりです。
COMMENT









Trackback URL
http://thesedays.hirofoto.com/trackback/1417403
TRACKBACK