このごろの 写真家 中島宏章がわかります。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ぼくは異常者なんです | main | せたな町で「あなたの街のコウモリの森」です >>
バードウォッチングあるあるの三段活用
 昨日まで異常なほど暖かいなあと思ったら、今夜はもうマイナス9℃だもんなー。
 冬の鳥も多いんだか少ないんだか分からないような状態で。
 ギンザンマシコが札幌市内のナナカマドに結構来ているのは見かけます。
 ある時、我が家の近所にもギンザンマシコがいて、おーっ!と思ったけどカメラは持ち出さず。
 すでに、車にカメラを積んでいない時点で怠慢なんですが。なさけないです。

 さっきも、帰宅途中、近所のナナカマドに鳥が、おーまたギンザンかーなんて思ってチラっと見たら、あまり見かけない色のツグミでしてね。おんやー!と思って急いで家に帰ってカメラを取りに。
 ギンザンの時は素通りなのに、どうして変なツグミの時は急いでカメラなんだか……自分でも思いますが、相当なへそ曲がりというか、あまのじゃくというか……

 例によって、カメラを持って元の場所に戻りましたら、目的の鳥の姿はありませんでね……(バードウォッチングあるある)
 ま、いつものごとく、あるあるですなあと思いながら、しばしナナカマドの木の側に車を止めて待ちぶせ。住宅街ながら人の気配もなし、通行車両もなし。しんしんと小雪が降るだけです。
 待っていても鳥さんは来ないようなので、近所を1周して他のナナカマドの木に移動していないかチェックしてまわります。
 2周して元の場所に戻ったら、よっしゃ、さっきの木に鳥さんが戻ってきていました。にしし。
 ここで、さて撮影をしようと思った途端!車がやたらに来るのよね……(バードウォッチングあるある)
 さっきは1台も車がいなかったクセに、なに、ブルドーザー2台、トラック3台、自家用車6台以上。嫌がらせかっ。
 とはいえ運良く、やたらに警戒心の薄い個体でして。
 鳥の真下に寄っても全く逃げません。

おしり


何を考えているのかキミは

張り切ってカメラ持ち出したほどの珍しいかもしれないと思っていた鳥は、
やっぱり、と言うか、どうせ、と言うか。笑。別にそれほど珍しい鳥ではなかったようで……(バードウォッチングあるある



ということで、バードウォッチングあるあるの三段活用でした♪
 
 
 
COMMENT









Trackback URL
http://thesedays.hirofoto.com/trackback/1417405
TRACKBACK