このごろの 写真家 中島宏章がわかります。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< やっぱり札幌はコウモリ天国だった!? | main | 【素敵な大人!】昆虫写真家の海野さんの講演会が札幌であります >>
コウモリと札幌トモエ幼稚園と自分のこと

 先日、札幌のエルプラザホールで行われた「北海道の楽しい100人 vol.2」でお話をしてきました。

 

 エルプラザのホールといえば、いつもは落語会などで見る側の立場でしたが、今回は登壇する立場で、なんか不思議な感じでした。また落語行きたいなあ。。。!!

 

 トークは15分(質疑応答いれて、24分くらい)です↓

 

 

 北海道の楽しい100人vol2は、登壇する人にそれぞれ15分間ずっと自己紹介をしてもらう、というようなイメージのコンセプトです。ま、必然的に多くはその人がやっている仕事とか、活動をメインに語っていくことになることになります。

 僕の場合もやはり、コウモリ写真家として登壇するわけなので、そうなります。

 今回の構成としては、前半はコウモリの紹介、後半は自分自身の紹介、つまり生い立ちですかね。

 やってみると15分間で何かを語るのって、結構難しいんですよね。ディテールまで説明するには時間は短いし、とはいえ、単なる紹介だけにしてはそれなにり時間がある、という感じでしてね。15分、って絶妙でした。

 今回のトーク、自分の中での裏テーマは「逆さま」

 なので、生い立ちって普通は子供の頃から順番にいきますが、今回は、今日の自分から遡って生い立ちを紹介していきました。さらに、それぞれのネタの要所要所で「逆」というキーワードを口に出すようにしたんですよ。まさに、コウモリにあやかったトークになりました♪こういった新鮮なことをすると僕自身も楽しいので、とってもいいですね。

 

 トーク内容を簡単に説明しますとね↓(一部、分かりやすいように加筆)

 

◯札幌にはコウモリがたくさん、いる。日本全国の主要都市と比較した場合、一番のコウモリ王国は札幌!

◯誰も気づいていないが、こんなところにコウモリがいる!

◯コウモリ探知機ってのがある!

 

◯今日は野鳥調査の仕事をしてから、ここに来た。

◯3日前、札幌トモエ幼稚園にいた。

 

 ※自然度の高い山林に囲まれた素晴らしい環境にある札幌トモエ幼稚園。自然の中で楽しいこといっぱい出来ます! 

 ・幼稚園とは名ばかりの「人生道場」のような一面がある。

 ・親も一緒に幼稚園に通う。

 ・ママたちのコミュニティーは非常に密だが、お父さんたちのそういうのはないので、声をかけてお父さんを集めて、パパたちで語り合うようにしてる。これが非常に面白い。

 

 ※パパたちで真面目にトーク。子育てのことや自分のこと、たまには日常の昼間にノンアルコールで語るべきです。(撮影:宮武大和氏)

 

 ※広いフリースペースを自由に使える園舎。赤ちゃんから大人まで幅広い年齢層が共同生活している感じ!

 

 ・札幌トモエ幼稚園はとにかく、勉強になる。

 ・時間軸が違う。普通の幼稚園は、その子が小学校に上がるまでを見ている。トモエ幼稚園はその子の一生を見ている。時間軸が変わると価値観なんてものは簡単に真逆になる。

 ・トモエ幼稚園はフリースペースで教室がない。

 ・赤ちゃんから、小学生、大人まで幅広い年齢層がゴシャっといる。

 

◯5日前、北海道博物館で写真展の展示作業。

◯7日前、再び札幌トモエ幼稚園。親子みんなで幼稚園の裏山へシラカバの樹液を飲みに行った。

 そのとき、雪の中で眠るコウモリを一緒に探そう!ということで、歩く前にみんなにコウモリレクチャーをして、探索開始!

 

 ※山へ入る前に、コウモリ探しの説明をしているところ。真ん中が僕。(撮影:宮武大和氏)一応、顔は隠しました♪

 

◯7年前。コウモリの写真展や観察会のような活動をするようになったきっかけは、7年前。

 田淵行男賞という写真賞をいただいた。

 ・コウモリの本もいくつか出させてもらっている。

 ・僕のほどのマイノリティーもいない。コウモリ写真家は日本に3人しかいない。4000万人に1人。

◯10年前、会社をやめる。

 ・写真家になるには、才能がないとダメだ。凡人の俺には無理だ、と自分で思い込んでいたが、ある人の言葉がそうじゃないかも、と思わせてくれた。逆に、凡人の方が良い、という。凡人が行うことならば、それに賛同する凡人は必ずいる。もし、天才だったならば賛同する人はそうはいない。だから凡人は「これは良い」と思うことを突き詰めれば良い。そのうち誰かが必ず共感してくれるはずだ。なぜなら凡人だからだ。

◯11年前、こどもが生まれる。自宅出産だった。

 ・子どもが生まれる瞬間に立ち会い、衝撃を受けた。自分の人生を考えなおすきっかけとなった(結果1年後に会社をやめる)

◯17年前、コウモリに出会う。 

 17年前は国内でのコウモリの情報は少なく、調査の仕方なども模索段階にあった。結果、海外から本を買って勉強するはめになった。仕方なしに英語を読んだ、同時に物理学的な勉強もコウモリには必要だった。コウモリに詳しい人がいたら会いに行ってコミュニケーションをとった。

 ここで、気づいた。世の中にある教育の考え方となんじゃないかなと思った。

 僕はコウモリを追求しているだけなのに、全ての勉強が必要になった。英語、物理、そして人とのコミュケーションなどなど・・・好きなこと、興味あることを追求するだけで、勉強というのはおのずと広がっていくはずだ。

 小中高と、とにかく幅広く勉強させられ、大学でいきなり専門性を問われる形に世の中はなっているが、なんじゃないか?と。僕の周りにもたくさんいた「自分の好きなことが、分からない」という人が。いや、むしろ、そういう人は増えているんじゃないないか。だから、小中学生の時に好きなことをあれば、それを追求したら、いいじゃないか、と僕は思う。

◯28年前、中学生の頃。動物の本や写真集をずっと読んでた。子どものころからずっと動物が好きだった。

 

コウモリと、札幌トモエ幼稚園と、自分の生い立ち、を語った、そんな内容のトークでした!

 

 なお、僕が偉そうに語っていることも、これまでに感銘を受けた方たちの言葉を拝借したり、ヒントをもらって得たことばかり。

僕が尊敬してやまない人たちの言葉や作品を通じて得たものばかり。動物行動学者の日高敏隆さん、写真家の海野和男さん、嶋田忠さん、宮崎学さん。札幌トモエ幼稚園の木村仁園長、スタッフの宮武大和さん、自然栽培農家伊達寛記さん、などなど。。本当に感謝しかないのです。

 

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://thesedays.hirofoto.com/trackback/1417412
TRACKBACK