このごろの 写真家 中島宏章がわかります。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 6/4(日)北海道医療大学でコウモリ講演をします | main | 子どもたちのおかげで、たくさんの学びを得た1年でした >>
新刊のお知らせ「ボクが逆さに生きる理由」

 このたび、文ばかりのコウモリの本を書く機会に恵まれました。

 ここに完成しましたので、皆さんにお知らせします!!

  

 「ボクが逆さに生きる理由 誤解だらけのこうもり」  中島宏章 (著), 福井大 (監修), 高田礼人 (監修)

  A5判  248ページ ナツメ社(2017/10/19) 定価:1500円+税

 

 

 自然写真家の立ち位置って、いろいろあると思うのですが、動物図鑑とアニマなどの雑誌で育った僕の考えは、やはり、研究者や学者と、一般の人たちの、その間にいる感じなんですよね。

 それを写真という分かりやすいメディアでもって、一般社会にアピールするというかですね。

 今回は写真ではなく、思い切り文章ですけどね。僕の気持ちとしては写真を発表するのと全く変わらない立ち位置とスタンスでいます。難しそうな話を、噛み砕いて分かりやすく発信するということです。

 

 今回も最新の論文などをふんだんに参考にして、でも、専門的になりすぎず、かといってサイエンスから離れすぎず、気をつけました。

 

 飛翔の項では、航空力学を用いてコウモリの飛翔を解説しています。一般的な生物の本で、航空力学にここまで踏み込んで、丁寧に説明したのは、初めてなんじゃないでしょうか?おそらく、大抵はスルーするような、ややこしい物理の話に今回はあえて挑みました。取材と勉強と執筆と同時並行で進めましたが、とっても、おもしろかったですよ!!

 


 

 

それでは、新刊本の情報です。
 

***************

「ボクが逆さに生きる理由 誤解だらけのこうもり」 中島宏章 (著), 福井大 (監修), 高田礼人 (監修)

 A5判  248ページ ナツメ社(2017/10/19) 定価:1500円+税

 

実は僕たちの身の回りにたくさん生息しているコウモリという生物。
逆さまなのはなぜ?どうやって飛んでいる?超音波を使ってなにをしている?
なぜコウモリは長寿なの?さらには謎多きコウモリの進化やコウモリとウイルスの関係まで、
最新の研究結果をふまえて、楽しい文章で、ていねいに解説していきます。

 

目 次  紹 介

●第1 章 コウモリのこと、どれくらい知っていますか?
    <コウモリの衣食住、世界のコウモリ、吸血コウモリ など

 

●第2 章 進化の謎を探る
    <どのように進化した?なぜ飛ぶようになった?逆さまの理由 など

 

●第3 章 飛行メカニズムの謎に迫る
    <航空力学からコウモリの空の飛び方をひも解く、鳥とコウモリどっちが速い? など

 

●第4 章 超能力ではない、超音波だよ
    <エコーロケーションの解説、コウモリは音で世界を見る など

 

●第5 章 知りたい! 長寿の秘密
    <コウモリの休眠能力のすごさ、長生きの秘訣、コウモリの天敵、コウモリとウイルス

 


*****「はじめに」より抜粋*****

 

旅に出よう。
どこか遠くへ行くことだけが旅じゃない。

 

普段から見飽きている近所の風景も、時間帯を変えて眺めてみるだけで新たな発見があるものだ。
例えばそう、今まで気づかなかったけど、夕空にコウモリが飛んでいたりする。

 

このコウモリという動物は本当に不思議だ。
これほどまでに誤解されている動物はほかにいないのではないだろうか?
真実のコウモリは、めちゃくちゃ魅力的で、とんでもなく興味深い。

 

そんなコウモリの魅力と能力をひも解いてゆくだけで、世の中にある学問のほとんどを渡り歩かなければならないんじゃないか......

 

本書はいうなれば、皆さんと一緒にコウモリという名の乗り物に乗って、幅広いジャンルへ旅をする本だ。
堅苦しいお勉強ではなく、なるべく誰でも参加のできるツアーにしたい。
専門用語はできるだけ避けて、とっつきやすいよう心がけた。

 

本書を読み終えたとき、読者のコウモリに対するこれまでのネガティブなイメージがまるっきり「逆さま」になっていれば、望外の喜びである。

 

さあ、旅出よう。

 

********************

 

アマゾン (アマゾンは在庫が不安定かもしれません)

https://www.amazon.co.jp/dp/4816363459/

 

 

 

まぁ!!嬉しいお知らせ。
残念ながら会場に行けなくなったのでご本入手します♪

監修のお方とともに若い力は頼もしい。
これからもお身体大切にご活躍くださいね。
粗忽鷲 | 2017/10/31 16:04
粗忽鷲さま。いつも、ありがとうございます!
本、読んでみてください。結構難解な部分もありますが、読み始めたら面白いと思います♪
なかじ | 2017/11/12 00:55
COMMENT









Trackback URL
http://thesedays.hirofoto.com/trackback/1417415
TRACKBACK