このごろの 写真家 中島宏章がわかります。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 新刊のお知らせ「ボクが逆さに生きる理由」 | main | なかじオリジナルデザインのバットディテクターを限定販売します♪ >>
子どもたちのおかげで、たくさんの学びを得た1年でした

2017年、

1月から12月まで、僕は覚悟を決めて、

仕事を極限までセーブし、札幌トモエ幼稚園に子どもと一緒に通うことを心がけてきました。

 

この1年で経験したこと、学んだことは、僕が仕事をセーブしたことによる収入減を補って余りあることは明白です。

いや、こんな経験はどんなにお金をかけたところで、できることではありません。

 

「自然たくさんの環境に札幌トモエ幼稚園はあります」

 

トモエ幼稚園は、たいていの親も一緒に登園してきます。

家族で一緒に過ごす幼稚園なんです。

もう、幼稚園という枠ではなく、生活の一部という風に捉えた方が良いと思います。

 

トモエ幼稚園に通っていると、僕の場合、なぜか人と話すのが楽しくて楽しくて仕方なくなりました。

1年間。いろんな人といろんな話をしました。

パパはどうしても少ないので、ママたちと話すことが多くなりますが、

子育てのことや、自立について?自由について?教育について?実にいろんなことを話しますが、

たまに、共感?シンパシー?なぜか鳥肌がブァーっと立つ瞬間があります。

趣味も嗜好も、年齢も、出身地も、生い立ちも、何もかも違うはずなのに、トモエでは

くったくなく、素直に自分の言葉で話せる。それが実に気持ちがいい。

人と話していて、こんな感覚を味わえるなんて、なかなかないでしょう。

 

自分がいかに、しがらみに縛られていたのか、毎日思い知らされます。

人が素直に話してくれることに耳を傾けることで、自分がいかに偏った見方をしていたのか、気づくことができます。

 

トモエに通っていると、必ず毎日”何か”あるんですよ。すごいことです。

”何か”

楽しいことや、いいことだけじゃない。わるいことも、いやなことも、トラブルや危ないことだってある。

 

「何だってある」

「全部ある」

 

これぞ、「自然」っていうことで、

これが、「自由」ってことなんですね。

 

2017年、ありがとうございました。

 

COMMENT









Trackback URL
http://thesedays.hirofoto.com/trackback/1417416
TRACKBACK