このごろの 写真家 中島宏章がわかります。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< アサヒカメラの取材を受けました | main | 自然写真家とは一体何ぞや? 自然写真の存在意義 >>
アートディレクター岡田善敬さんとのコラボコウモリ作品

 僕が写真家としてコウモリの様々な活動を表立って開始したのは、2010年ごろ。ちょうど、田淵行男賞を受賞して、これから写真家としてデビューするぞー!って時からです。そしてその頃に、岡田善敬(オカダヨシノリ)さんに出会って、僕のデビュー写真展のDMをはじめとするアートディレクションをお願いしてから、ずーっっとオカダさんにはお世話になっているんですね。

 

 オカダさんと一緒につくったコウモリの作品を並べてみました

 ↓

  photo by Takatsuさん

 

 写真展DM、ポスター、ハガキ、Tシャツ、グッズ、本、冊子、そしてコウモリ探知機まで、、、、

 本当に、オカダさんのおかげで僕のコウモリ活動が成り立っているなあと改めて!!思います。

 感謝しかありません。

 

 オカダさんというデザイナー、というか、アートディレクターというか、、、もう、この「人」ですね、

 このオカダさんという人物は、何が素晴らしいって人間が素晴らしいです。

 写真家もデザイナーも、きっとあらゆること何でも、最終的には「人間」のそのものの魅力ですよね。

 オカダさんと何かをすることの楽しさ、エキサイテングさ、尊さは、もう、、、たまりません。。笑

 

 もっと分かりやすく書いたほうがいいですね。

 

 ●何が素晴らしいって、オカダさんのデザインするもの、それは、ひと目で「オカダのデザイン」だと分かってしまうオリジナル性でしょうか。

 ●何が素晴らしいって、オカダさんのデザインって、かわいらしくてシンプルなのに、実はとっても奥深いものをデザインの中に秘めている。でも、それは決して押し付けがましくない。どこまでも上品に主張しています。

 ●何が素晴らしいって、デザインを依頼してきた本人すら気づいていない深層心理に眠っているような想いを表出させてくれ、それを目に見えるカタチにしてくれることでしょうか。

 

 そんなオカダさんの講演会があります。

  JAGDA新人賞、さらには東京ADC賞などデザインコンペで何度も受賞している(そんな凄いデザイナーはなかなかいません)、オカダさんの圧倒的なクオリティのデザイン作品群を実例にあげながら 想いをカタチにする仕事について語るそうです。

もちろん、コウモリの作品たちも登場予定です。ほかにも、アッと驚くようなデザインがたくさん見れると思いますよ!!

 ぜひ、みなさん行ってみてください!

 

  ★2019年4月11日(木)18:30 〜 20:00

   札幌市市民交流プラザ 1F SCARTSコート(札幌市中央区北1条西1丁目)
   参加費無料 定員70名 事前申込不要 

   https://www.sapporo-community-plaza.jp/event.php?num=410

 

 

 

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://thesedays.hirofoto.com/trackback/1417419
TRACKBACK