このごろの 写真家 中島宏章がわかります。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
驚愕の観光アライグマ
自然というのは、つまり「そのまんま」ということですから、嘘偽りなく周りの状況を反映します。
自然を見れば人間社会も分かるということです。



昨日、北海道の某所にて、立て続けにアライグマに遭遇しました。
驚いたことに、そのうちの1頭が、悲しくも「観光アライグマ化」していました。
つまり人から餌をおねだりするアライグマということですね。北海道ではキツネが観光客や通りがかりの人などに餌をもらい、通過する車の前にオッチャンコ(お座り)して餌をおねだりするという「観光ギツネ」が恒常的に出現するという悲しい事象が無くなりませんが、それのアライグマ版ということです。
しかし、キツネとアライグマが決定的に違うのは、アライグマは外来種(つまり、もともと北海道にはいない生物)ということです。国外から無理やり連れて来られ、増殖してしまった為に駆除の対象になっているという悲しい歴史を持つアライグマなのに、それが餌付けされ人間に依存してしまっているという、二重の不幸。やりきれません。とはいえ、アライグマは元来、人に近い場所で生活し、人に依存しているので、昔から現在に至るまで人との軋轢の絶えない動物ではあるのですが。

短絡的な話では無いのです。
ここは日本。ちょっと前までは外来種という概念すらなく、人だってただただ一生懸命に北海道を開拓して生きてきたからこそ、今の北海道があるのは間違いはありません。
一方で、アライグマは人の欲望によって日本に連れて来られ、人の身勝手な都合によって野に放たれ、増えたら今度は駆除され、何も考えずにアライグマに餌を与えたもんだから今度は観光アライグマ化し……と、ただ単にアライグマは人間に翻弄されているだけなんですな。
それらとは、また違った見方で、ただ単純に、アライグマという動物の魅力。とても興味深い動物です。愛らしさもあるけれど、その適応能力の高さ(おそらく食性の幅広さが物を言っていると思いますが)、動きが日本の動物とは違い、目を見張るものがあります。しかし、それを動物園ならまだしも日本の野外で見たいかというと、それも違う。

ハッキリ言えることは、というか、ハッキリ言うことしか、できないんですがね。
「アライグマは悪くない。
でも、絶対にアライグマは北海道では生きていてはマズイんだ」
ということです。
そんなことは誰しも分かっているんです。ハッキリと言うことは出来るんです。

アライグマの観光アライグマ化、それは、さすがにマズイだろうー。という今日のブログでした。

人なれしてしまったアライグマ↓

 
雨にも負けないエゾリス
 札幌は昨夜より激しく風雨です。
 
 野山の動物たちも大変だろうなと思います。
 この季節、雪より雨の方が圧倒的に寒いでしょう。

 エゾリスなんて、この有り様です。


 あんた、耳がカラカルみたいになってまっせ……


 北海道、明日はもっと荒れるらしいのですが。
 みなさん、エゾリスに負けずに頑張っていきましょう。

 
アングリ
北海道にも春の兆しが見えてきました。
山を歩くと雪が湿り気を帯びていて、気温が高いのだと分かります。

木の芽もやわらかく膨らんできて、
さっそく、この人に食べられていましたけど

ウソです。
木の芽をアングリ食べてます。
ウソの舌がまた可愛いですねえ。
ぜひとも僕の指もウソにアングリしてもらいたいです。
 
ねずみ(落語)
今年は雪が多いです!
せっかくなので、庭にカマクラ作りましょうー♪
子供たちと穴を掘り掘り。

だいぶん、掘り進めたところで−、なんか出てきた!


なんと、野ネズミの巣だなこりゃー!あちゃー。


とはいえ、巣には主はおらぬよう…よかったんだか、残念なんだか…
もともとネズミの住処だったということで、僕はこのカマクラを「ネズミ屋」と命名!!

掘り出したネズミの巣をカマクラのオブジェにし、そそくさと家に入り、小麦粉粘土を作る。
木彫り(バードカービングならぬマウスカービング?)は出来ないけれど、粘土なら作れるかもー?とチャレンジしました。
そう、ネズミです。

たらいに入れておけば、そのうち動き出すかな?魂こめて作ったぞー、とは決して言えないくらいユルーい感じで作ったのでした。

外に出しといたら、カラスに食われないかな、小麦粉粘土ネズミ…見張ってもないとですね(^-^)

長女にカマクラの名前はネズミ屋にしよー、と言ったら、そんなの嫌だー名前は動物屋敷がいいー。だって!
正解を求めすぎる
この前、柳家権太楼さんの落語を聴いてまして、枕の中で「最近はスマホだかなんだかで、すぐに調べちゃうんで会話が続かなくて、つまんない!」みたいな事を言ってまして、本当の本当にそうだなあ!と思ったんです。

いま僕は本州に来ています。お正月はこちらで過ごす予定です。
雪が無いのは楽ですなあ。ちょっと寂しい気もしますが、とにかく雪の心配しなくて良いのはとても楽です。その代わり帰ったら我が家の積雪がとんでもない事になっていることでしょう…。

僕は子供の頃から動物が好きで図鑑ばっかり見てました。昔は本州ベースの本ばかりでしたから、北海道には合わない記述も多々あったわけです。その1つに「戸袋」がありました。よく図鑑などには「戸袋に営巣する」とか書いてあるわけです。この戸袋が子供には分からない。もちろん昔はインターネットなんてないんで答えはすぐに出てこない。辞書で調べてみたら「雨戸がどうのこうの…」と書いてある。そしたら雨戸が何のことやら分からない。北海道の家には雨戸が無いんです。雨戸をが無ければ戸袋も無いわけでしてね。
ずっと不思議でしたねー。本州の家には窓のところに、そんな隙間があるんかいな、そんで小鳥が巣を作るんかいな、羨ましい!などと子供ながらに思っていました。
今居候させて頂いている家で、ああ雨戸がピシッと閉まらないー戸袋の中を除いたら鳥の巣があったよ、というやり取りが先程ありましてね。
スズメかな?ムクドリかな?何かの鳥の作りかけかな?



ではでは皆様、健康で年の瀬をお過ごしください。また来年元気でお会いしましょう。

窓辺にクマゲラ現る
つい30分くらい前の出来事。
けたたましいキョロキョロキョロというアラーム音で目を覚ます。
目覚ましなんかかけてないのにな、と思いながらグダグダしていると、
次のキョーッンという大声で「なんだクマゲラか」と思う。
次の瞬間、「ああそうか、クマゲラか」と事の自体に気づく。
窓から外をのぞくとデカくて黒い鳥が木の根元にいるので「やっぱりクマゲラ」と思う。
おもむろに起きだして無意識のうちにカメラに望遠レンズを装着して、テレコンも付けて、
窓の傍に行き、クマゲラがまだいることを確認して、窓をそっとあける。

写真とビデオ撮る。
その動画と写真をユーチューブやブログやなんかにアップしている。今。
写真見ながら、古い食痕に気づき、「ああ今日だけじゃなくて、前から来てたんだ。じゃあ明日も来るかな?」
なんて、思う。




札幌は今日も晴れそうです。
クマゲラも元気です。
 
カイコちゃん
 我が家に来ているカイコちゃん。
 羽化してしまいました。
 
 これがまた……可愛いのなんのって。。。
 昆虫で唯一の家畜として、人間との長い付きあい。本当に有難い存在ですね。

 ちなみにカイコの餌はヤマグワの葉っぱです♪
 
 本当に小さくて、飛べないからおとなしいし……

 

 

 

 

 
 なんと前足には可愛い爪が……
 惚れた。

 
 
黄昏の涼風の中、コウモリを見、酒を呑む(夢)
 昨日はロイトン札幌ホテルでヤマコウモリの観察会でした。
 天気は最高!
 講演会場はまるで結婚式会場のよう!
 
 
 

 そんな中、厳かに始まったコウモリ観察会。
 厳かには遥か遠いキャラの僕がヤマコウモリのレクチャーを少しした後、4階のテラスへ参加者は向かいます。
 なんと、4階は結婚式会場。ウェディングドレスがこうズラーっと並ぶ貸し衣装ルームなどを通り、
 フカフカの絨毯を踏めしめながら進みます。
 これがこれからコウモリを見に行く人達の姿か?という意味で僕は非常に笑えました。

 テラスに出ると、暑かった日中を優しく癒してくれるかのような涼しい風。
 徐々に暗くなる西の空。
 相変わらず忙しない眼下に広がる札幌の町並み。
 
 そして、ついに、コウモリが…… 出ない。なかなか、出ない。
 こんな日に限って、出ないって、あり?まあ、相手は動物だから、あるよねー♪
 なんて誤魔化せるわけがない。
 参加人数は60人以上。
 笑って済ませられる雰囲気ではない。
 なんとか、出ろ!コウモリ!
 1回でもいいから!
 
 っと、そのうちヤマコウモリはちゃんと出てきまして、多少は近づいてくれたりしながら、
 なんとか、無事に終了しました。
 
 
 
 ああ、良かった!!
 
 また是非ともやりたい!

 今度はもっと優雅に、背もたれある椅子にガバーッてのけぞりながら、ワイン片手に「うむ」とか言いながら、
 観察できたら、いいですよね!ちなみに僕は飲めませんがね。
 
 スタッフさん達、参加者さん達、都会のホテルのテラスでコウモリ観察という特別な時を過ごせて本当に楽しかったです。
 ありがとうございました。
 
 
 
 
海岸で琥珀(こはく)を拾う
 昨日あたりから一気に冷え込んでいる北海道。
 暑いのも辛いですが、一気に冷え込むと身体にこたえますね。
 
 今日は海岸へ行ってみまして、さすがに泳ぐ気温ではないものの、お日柄もよく、とても気持ちのよかったです。
 
 ぼーっとしたり、下を向いて歩いていると、
 ふと、何かに気づきます。

 石炭の欠片に混じって何か光るモノが

 
 拾ってみて、石炭と並べてみますと……

 これまた美しい琥珀(こはく)!!

 一緒にいた海岸拾いマスターの友人によって、その後も次々と発見され、
 あれよあれよという間に、こんなにたくさん見つかっちゃった!

 琥珀って、こんな身近にあるもんなの? 
 昨日パパ友よりGETしたノート型ホワイトボード(nu board)の上に並べられる琥珀たち。


 むむー、これはちょっと驚いた。
 また探しに来よう。
 こんな身近にこんな楽しいモノが落ちているなんて。
 素敵ですね。

 
ヤマコウモリの観察会があります♪
 9月1日(月曜日)に札幌でコウモリの観察会をします。僕も講師として参加します!

 詳細は北海道新聞に載りました。
 道新の記事はこちら。

 「都市の自然」というキーワードを最近よく耳にしますが……札幌中心部に住むヤマコウモリを忘れてもらっちゃ困ります!
 そんなヤマコウモリをホテルのテラスに上がって探しましょう!という企画です。

 黄昏の中、めまぐるしく働く人間の営みを眼下に見下ろしつつ、さっそうと大空へ飛び去ってゆくヤマコウモリの姿が痛快です。みなさん、応募して参加してみてくださいね♪


日没後の札幌の中心部。

申込は以下↓↓

地域環境計画 北海道支社生物多様性推進室
担当:松岡さん
TEL  011-717-8001
FAX  011-717-8021
メール matsuoka@chiikan.co.jp